Beauto Mini ARM
本製品は製造終了しました。系列商品「ビュートローバーARM」はこちらになります。

01製品仕様詳細

機 種
スタンダード(VS-95029)

エンコーダ・ブザー搭載版(VS-95036)

外形 W92 × D90 × H23(mm)
重量 約115g(電池搭載時) 約116g(電池搭載時)
電源 単3アルカリ乾電池、または単3Ni-MH充電池2本(別売)
駆動方法 両軸DCモータ × 2 (正転・逆転可)
その他出力 LED×2 LED×2、圧電ブザー×1
センサ 赤外線センサ×2 赤外線センサ×2、ロータリーエンコーダ×2
CPUボード仕様
(VS-WRC104)
・NXPセミコンダクターズ製ARM Cortex-M3 LPC1343マイコン搭載(32ビット)
・赤外線センサ×2ch標準搭載、赤外線センサ×4ch又はアナログセンサ入力×4ch追加可能、ロータリーエンコーダ入力×2
・DCモータ出力×2、LED×2、圧電ブザー出力×1
・USB(HID準拠)、UART、IXBUS(I2C)、Bluetooth(別途オプションが必要)
付属ソフトウェア ビュートビルダー2
付属物 CD-ROM(説明書・ソフトウェア)、USBケーブル、組立説明書、ライントレースコース
価格 3,800円(税抜) 4,760円(税抜)

※製品の仕様は予告無く変更する場合がございますのでご了承ください

本体構成部品一覧

ビュートミニARM 部品一覧(スタンダード)
スタンダード
ビュートミニARM 部品一覧(エンコーダ・ブザー搭載版)
エンコーダ・ブザー搭載版

  1. スタンダード基板(エンコーダ・ブザー搭載版の場合はエンコーダ・ブザー搭載基板) 1個
  2. 両軸DCモーター 2個
  3. モータホルダ 2個
  4. ホイール 2個
  5. タイヤ 2個
  6. キャスター 1個
  7. エンコーダホイール(エンコーダ・ブザー搭載版のみ) 2個

製品には、上記部品以外にUSBケーブル、CD-ROM、組み立てマニュアル、ライントレースコースも同梱しています。

02専用ソフトウェア「ビュートビルダー2」 仕様紹介

本商品には、専用ソフトウェア「ビュートビルダー2」が付属しております。前進・旋回やセンサ入力による分岐などのブロックを置いていくだけでビュートローバーH8/ARMを制御することができ、フローチャートを用いプログラミングの概念やアルゴリズムを学習することができます。

動作環境

OS Windows2000/XP/Vista/7
CPU Pentium-V以降(1GHz 以上推奨)
RAM 128MB
インターフェース USB

特長

  • プログラムの作成はフローチャート形式に類似した分かりやすいインタフェース
  • 前進・後退・旋回、及び移動しつつの旋回の各種移動や、繰り返し・条件分岐・ランダム・ブザー・LEDなど基本的な命令コマンドを実装
  • エンコーダ搭載の場合、エンコーダ情報を車輪にフィードバックさせて、距離や角度を指定した移動が可能
  • サブルーチンを使用したプログラムに対応。
  • 本ソフトウェアで作成したプログラムをロボット本体に記憶させ、ロボット単体で実行させることが可能

03C言語統合開発環境「LPCXpresso」

C言語開発環境「LPCXpresso」

ビュートミニARMは、CPUにNXPセミコンダクターズ社製ARMマイコン「LPC1343」を搭載し、C言語でプログラミング学習ができます。C言語の統合開発環境「LPCXpresso」は、NXPセミコンダクターズ社のwebページより無償でダウンロードできます。

ビュートミニARMをC言語でプログラミングするための導入手順は「VS-WRC104LV取扱説明書」で説明しています。また、「モータの駆動」「LEDの点滅」など基本的な機能を使ったサンプルソースをダウンロードページで無償配布しています。