Robovie-nano

01「Robovie-nano」仕様紹介

「Robovie-nano」の詳細スペックは以下の通りです。

Robovie-nano仕様一覧

外形230(H)×121(w)×72(D)mm Robovie-nano
重量約575g(バッテリ搭載時)
自由度合計15自由度(頭1、腕6、脚8)
サーボモータVS-S020A×15
CPUVS-RC003HV
モーションエディタRobovieMaker2
電源単4ニッケル水素バッテリ 4本(別売)
対応OSWindows2000/XP/Vista/7/8/8.1/10(日本語版)
インタフェースUSB
その他音声出力用スピーカを標準搭載
商品構成フレーム部品、サーボモータVS-S020A×15、CPUボードVS-RC003HV、
USBケーブル、CD-ROM(取扱説明書、RobovieMaker2)、その他ネジ類
販売価格(税抜)47,000円

※製品の仕様は予告無く変更する場合がございますのでご了承ください

02専用モーション作成ソフトウェア「RobovieMaker2」仕様紹介

Robovie-nanoに付属のソフトウェア「RobovieMaker2」は、ロボットのモーション作成やコントローラでの操縦設定、ジャイロセンサやLEDなどの拡張機器の設定などを行うソフトウェアです。

モーションの作成はフローチャート形式で行い、センサやアナログスティックなどの入力情報に応じて条件分岐などを行うことが可能です。

動作環境

OS Windows2000/XP/Vista/7/8/8.1/10
CPU Pentium-V以降(1GHz 以上推奨)
RAM 128MB
インターフェース USB
画面サイズ XGA(1024×768)以上

特長

  • フローチャート形式に類似した分かりやすいインタフェースでモーションを作成
  • モーション中にセンサの値による条件分岐やユーザ変数を使用した演算などを行うことができ、複雑な動作を作成可能
  • モーション中に個別でサーボモータの脱力切り替えが可能
  • 対応ゲームパッドのアナログスティック入力を使用可能
  • ジャイロセンサやアナログスティックの情報をサーボモータにフィードバックし、動作中の重心バランス調整やマスタースレーブなどの動作が可能

RobovieMaker2関する詳細、サポート情報、最新版のダウンロードはVS-RC003HVのページをご覧ください。