VS-RC003HV
VS-BT001は生産終了しました。現在は後継商品のVS-BT003を販売しております。

01仕様

Bluetoothシリアル通信モジュール「VS-BT001」

サイズ W 35mm × D 38mm × H 16.5mm (※1)
VS-BT001
重量 8g
電源電圧 +3.3V 〜 +5.0V
消費電流 電源投入直後:最大50mA
定常時、SPPリンク未確立時:平均10mA
通信時:約20mA(最大30mA程度)
※搭載モジュール単体の消費電流です。
対応機種 Robovie-X、Robovie-nanoなどVS-RC003搭載ロボット
ビュートローバーARM、ビュートローバーH8(※2)
Robonova-I(ハイテックマルチプレックスジャパン)
Bluetooth仕様 Bluetooth(R)2.0  クラス2 (通信距離は最大30m)
Bluetoothプロファイル SPP, GAP, SDAP
シリアル通信部 非同期シリアル通信、2線式または4線式ハンドシェイク通信 (※3)
出荷時の通信仕様:115200bps、パリティなし、1ストップビット、2線式通信速度範囲:2400bps〜921.6kbpsまで11段階
データ長8ビット、パリティ設定可能、ストップビット設定可能
信号電圧レベル: +3Vp-p または +3.3〜5.0V   (※4)
付属物 Bluetoothモジュール本体、フラットケーブル、ピンヘッダ(2×1) (※5)
その他 別電源入力可能
コネクタ、ピンヘッダは要半田付け
Bluetooth搭載パソコン、BluetoothドングルやAndroid携帯が必要
販売価格(税抜) 8,000円


※1) フラットケーブル接続時。突起部など含まず。
※2) ビュートローバーH8に使用する場合、別売の「VS-BTプログラマ」が必要です。
※3)線式ハンドシェイク通信を使用する場合、パターンカット、はんだ付け作業が必要です。また、通信仕様などの設定を変更する場合、別売の「VS-BTプログラマ」が必要です。
※4)送信ポート「Tx-Conv」では、電源電圧に合わせて出力信号がレベル変換されます。
※5)送信ポート「Tx-Conv」を使用するためには、付属ピンヘッダや配線のはんだ付けが必要です。

02関連商品仕様

VS-BTプログラマ

VS-BT001のモジュールに関する設定(ボーレート・識別名・pinコード等の変更)を行うために必要なモジュールです。
サイズ 約25mm×約40mm
ソフトウェア VS-BTプログラマ、SimpleBlue Commander
付属物 シリアル通信基板「VS-IX003D」、VS-BT001変換基板
その他 ・USB接続
・別途ドライバのダウンロード、インストールが必要
販売価格(税抜) 4,200円

MANOI用VS-BT変換基板 「VS-BT002」

MANOIにVS-BT001を接続するための変換基板です。
サイズ 約mm×約mm
対応機種 MANOI(株式会社MANOI企画)(※1  その他、反転TTLレベルシリアル対応機種
付属物 VS-BT002、3ピンQIケーブル、3ピンQIケーブル(先バラ)
その他 シリアル通信 非同期シリアル通信 2線式信号電圧レベル: +3.3〜5.0V (※2
販売価格(税抜) 2,800円


※1)本製品は株式会社MANOI企画がオフィシャルに動作保障をした製品ではないため、株式会社MANOI企画ではお客様からの一切の問い合わせ対応は行っておりません。
※2)送信ポート「Tx」の出力信号は、電源電圧レベルです。

Robonova-I用VS-BT001接続ケーブルセット

ROBONOVA-IにVS-BT001を接続するためのケーブルセットです。
付属物 2ピンQIケーブル 2本
販売価格(税抜) 400円

VS-C3・VS-BT001 接続フレーム ビュートローバー用

ビュートローバーARM・H8にVS-BT001を取り付けるためのアルミブラケットセットです。無線コントローラVS-C3の接続ブラケットと共用です。
付属物 接続用コネクタケーブル付×1、接続用アルミパーツ×1、M2x3ネジ×2、M3x5ネジ×2
販売価格(税抜) 1,100円