トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

頭部の作成


頭部の作成


 頭部底面に首サーボモータを取り付ける



まずMDFから頭部底面板を取り外してください。以降、フレーム部品は全てMDFから取り外して組み立ててください。



MDFから部品を取り外したら、カッターナイフ等でバリを切り取ります。


頭部底面板×1に加えて、サーボモータ×1、M3バインドネジ×4、M3ナット×4を用意します。


M3ナットM3バインドネジサーボモータを写真のように固定してください。サーボモータの出力軸がちょうど板の中心に来るように配置します。また、写真と同じように、出力軸が見える面を小さな四角穴2つを下にしてみたとき、サーボモータの上に大きな隙間があり、サーボモータが左に偏っているように見える位置関係になるようにします。


ネジとナットを締める場合は、スパナ・モンキーレンチなどでナットを固定します。スパナがない場合は、ラジオペンチでも構いませんが、ナットが破損する場合があります。4か所をしっかりと締めてください。


 首サーボモータに首板を取り付ける


写真にある首板×1をMDFから取り外してバリをとります。M2タッピングネジ×4と丸型サーボホーン×1と、サーボホーンと同じ袋に入っている長さ6个M3タッピングネジ(以降M3タッピングネジ)×1を用意します。




サーボホーンのネジ穴と首板のねじ穴を合わせて、裏側からM2タッピングネジで4か所を締めます。タッピングネジは締めすぎると舐めることがあるので気を付けてください。



次に、サーボホーン首サーボモータの出力軸に挿し込みます。用意したM3タッピングネジサーボホーンを出力軸に固定します。
首板の穴と頭部底面板の穴が重なって向こう側が見えるようにします。取り付ける際の位置合わせでは、出力軸を回さないように注意してください。取り付けた後に回転させて位置を合わせると可動範囲が大きくずれて正しく動作しない場合があります。位置を間違って取り付けた場合は、回転させず、一度抜いてから挿しなおしてください。もし、出力軸を回してしまった場合は、サーボモータの原点合わせで行った手順で再度、原点合わせを行ってください。



 後頭部に基板を取り付ける


MDFから写真にある後頭部板×1とMDFスペーサ(小)×3を取り外してバリを切り取ってください。MDFにはリング状の部品が2種類並んでおり、小さいほうがMDFスペーサ(小)です。また、Freaduino UNO×1と、M3ナット×3と、M3バインドネジ×3を用意してください。




MDFからMDFスペーサ(小)を取り外す場合は、ボールペンの先などで何回か揺らすと、外れやすくなります。


次に、M3バインドネジ後頭部板の裏からとおして、MDFスペーサ(小)を上からネジにかぶせます。


最後に、写真のように3つのネジがFreaduino UNOのねじ穴を通るように、Freaduino UNO後頭部板の上に配置します。そして、上からM3ナットで締めます。


 頭部側面と底面を接着する

写真のように、頭部側面板×2、頭部サポート板×2、頭部上面板(一番手前の大きい板)×1、後頭部板×1、頭部底面板×1を用意します。バリは全て切り取ります。




頭部底面板頭部側面板頭部サポート板でとめるように仮組みします。

最初に頭部サポート板を写真のように頭部底面板にはめ込みます。


次に頭部側面板の細長い四角の穴に頭部サポート板をはめ込みます。


方向があっていれば、頭部底面板頭部側面板頭部サポート板が隙間なくはまります。


次にもう片方の頭部サポート板頭部底面板にはめ込みます。


最後に、もう片方の頭部側面板を写真のように頭部底面板にはめ込みます。


完成するとこのようになります。


仮組みしたときの向きで頭部サポート板頭部底面板にボンドで接着します。さらに、写真のように側面にもボンドを塗っておきます。裏側の側面も同様です。ここから先はボンドが固まり切る前に行ってください。



仮組みしたときと同じように、頭部側面板をはめ込んでください。


次に、後頭部板頭部側面板に写真のようにはめ込んでください。後頭部板をはめ込むときは頭部側面板を少し広げてください。ボンドでの接着は必要ありません。'''後頭部板'''にはくぼみが2つあるのでそれが上向きになるようにしてください。



次に、写真のように頭部上面板の左右にあるでっぱりを頭部側面板の穴にはめ込むようにしてください。


後頭部板と、頭部上面板をはめ込んだら、写真のように横向きにして、電池ボックスなど重りとしてのせて、次の工程に進みます。


 頭部前面板を接着する


次に、頭部前面板×1を用意します。



写真のように、頭部側面と圧着する面にボンドを塗ります。


頭部前面板を写真のようにはめ込んだら、電池ボックスをのせて、30分ほどボンドが固まるのを待ちます。


<<前のページ  目次  次のページ>>