トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

本体内部の組立


本体内部の組立


 腰サーボモータホルダーを組み立てる



サーボモータホルダー前(4つのネジ穴付き)×1、サーボモータホルダー後×1、MDFスペーサ(大)×6、スペーサ40mm(短)×1、サーボモータ×1、M3バインドネジ×4、M3ナット×4を用意します。



写真のように、サーボモータホルダー前サーボモータの裏面からはめ込んでM3バインドネジで固定します。サーボモータホルダー前の穴がサーボモータの軸から遠くなる向きで固定してください。


裏はM3ナットで固定します。


次にスペーサ40mm(短)MDFスペーサ(大)を6つ全てはめ込みます。


サーボモータホルダー前に先ほどのスペーサ40mm(短)を後ろからはめ込みます。


さらに、サーボモータホルダー後スペーサ40mm(短)に後ろからはめ込みます。これで腰サーボモータホルダーは完成です。


 腰サーボモータホルダーとリンクを組み立てる


先ほど組み立てた腰サーボモータホルダー×1、前方リンク(中央に小さい穴の開いた部品)×1、後方リンク(中央に大きい穴の開いた部品)×1、リンクサポート×2、スペーサ40弌蔽)×1、M3バインドネジ×1を用意します。



写真のように前方リンクM3バインドネジ腰サーボモータホルダーに前面から固定します。


次に、リンクサポートの短辺の低くなっている部分にボンドを塗ります。


リンクサポートのボンドを塗った面を、前方リンクの四角い穴にはめ込んで固定します。


リンクサポートの反対側の短面にも同様にボンドを塗ります。


次に、後方リンクリンクサポートにはめ込みます。後方リンクの中央の穴にはスペーサ40mm(短)が通るようにします。


写真のように、さらに2つのスペーサ40弌蔽察前後リンクの両サイドの穴に通しておけば、前後リンクリンクサポートに対してしっかり垂直に固定されやすくなります。この状態でしばらくボンドが固まるのを待ちます。


 垂直リンクをネジ止めする


垂直リンク×1、M3バインドネジ×1、ブッシュ×1、腰サーボモータホルダーを用意します。



垂直リンクの穴どちらかにブッシュをはめ込みます。


次に、写真のようにブッシュの裏側からM3バインドネジをはめ込みます。


写真のように腰サーボモータホルダーの中央のスペーサに後ろからネジ止めします。


ネジ止めした後も写真のように垂直リンクが動くか確認しましょう。スムーズに動かない場合はブッシュをはめる位置を間違っている可能性があります。


 左右の足サーボモータと足サーボモータホルダーをネジ止めする

左右の足サーボモータホルダー後(四角い穴が空いているほう)×2、左右の足サーボモータホルダー前(四角穴がないほう)×2、スペーサ40弌蔽察×2、M3バインドネジ×4を用意します。



左右の足サーボモータホルダー後(四角穴が空いているほう)にスペーサ40弌蔽察M3バインドネジでネジ止めします。左右対称となるようにネジ止めしてください。


次に、先ほどネジ止めした足サーボモータホルダー後のに永細い穴が開いてあるので、そこにサーボモータのホルダーを差し込んでください。四角い穴からケーブルが出る向きにします。


次に、写真のように足サーボモータ前サーボモータの前方から差し込んで、M3バインドネジスペーサ40弌蔽察にネジ止めしてください。


もう片方も同様に組み立ててください。向きは左右対称となります。


 リンクと足サーボモータホルダーをネジ止めする


先ほど組み立てた、腰サーボモータホルダーと、左右足サーボモータホルダーと、M3バインドネジ×4を用意します。


写真のように、足サーボモータホルダーで、前後リンクを挟み込むようにします。そして、M3バインドネジ足サーボモータホルダー前後リンクスペーサ40弌蔽察にネジ止めします。


後ろもM3バインドネジでネジ止めします。


左右の足サーボモータホルダーをネジ止めします。向きに気を付けてください。腰サーボモータの軸が見えるほうが前です。足サーボモータのケーブルは後ろ側に出るようにしてください。


<<前のページ  目次  次のページ>>