トップ > 製品情報 > 教材用ロボット > Beauto Racer(ビュートレーサー)
Beauto Racer

Newsビュートレーサーを題材にした中学校技術・家庭科のテキストが2件発売されました

開隆堂「技・家ハンドブック −技術分野−」

Beauto Racer Beauto Racer Beauto Racer

開隆堂出版株式会社 様の中学校技術・家庭科用資料集「技・家ハンドブック −技術分野−」にてビュートレーサーの記事が掲載されております。 プログラムによる計測と制御の「ライントレースカーを使って学習しよう」という項目でライントレースのプログラムについて解説が行われております。 カラフルなページで端的に説明されておりますので、ライントレースプログラムの理解が進みます。ぜひご参照ください。

  • 「中学校技術・家庭科用資料集 技・家ハンドブック −技術分野− 」
  • 開隆堂出版株式会社
  • 定価429円(税抜)

CQ出版「プログラムによる計測・制御への第一歩 」

Beauto RacerCQ出版様より、ビュートレーサーを教材にした書籍「プログラムによる計測・制御への第一歩 」が発売されました。本書籍では、中学校の新しい指導要領(平成23年)に対応した「プログラミングによる計測・制御」の参考書です。本書が取り上げるヴィストン(株)社製ライントレースカー(ビュートレーサー)は、コンピュータや自動制御について学ぶための学習用教材ロボットです。 本書は中学生をメイン読者として構成していますが,小学校低学年でも保護者の方が横について本書を参考にするだけで、子供たちはプログラムをすいすいと作っていくことができます。

  • 「プログラムによる計測・制御への第一歩 」
  • 神崎 康宏 / 著
  • 定価2,000円(税抜)

01Beauto Racer(ビュートレーサー)を使った授業案

授業でご活用いただけるスライドデータ

中学校技術・家庭科「プログラムによる計測・制御」向け授業案のスライド・ワークシートを作成いたしました。授業等でぜひご活用ください。

BeautoRacer(現行バージョン)向け

BeautoRacer(旧バージョン)向け

授業でご活用いただける動画データ

資料にあわせた講義内容の動画データです。動画中の文字などが読みやすい高画質版(MPEG形式)とファイルサイズの小さい低画質版(WMV形式)を用意しております。

高画質版(MPEG形式) 低画質版(WMV形式)
1限目[前編](107.7MB)
1限目[後編](79.7MB)
2限目 Part1[前編](82.8MB)
2限目 Part1[後編](94.2MB)
2限目 Part2(96.3MB)
3限目(86.6MB) 1限目(34.8MB)
2限目(30.7MB)
3限目(8.9MB)

授業にあたって必要な資料、ソフトウェア

ロボットのプログラミングソフトウェア「ビュートビルダーR」を無償で公開しております。本ソフトには「シミュレータ機能」が搭載されており、ロボットをお持ちでない方でもプログラミング学習を行うことができます(※シミュレータの実行には、お使いのPCにDirectX9.0b以降をインストールしてください)。



03簡単な組み立てながら、モーター×2、LED×2、センサ×2、センサ拡張ポート×4を備えた本格設計

部品構成左記写真のようにネジも無く非常に少ない部品構成で出来ています。組み立ては部品をはめ込むだけで完了し、ドライバー・ニッパーなどの工具を使わずに数分程度で完成します。

部品構成ロボット本体には左右車輪となるモーター2個、また、ライントレースに使用する赤外線センサを裏面の左前・右前に合わせて2個搭載しています。更に、動作 確認などに使えるLEDも左後・右後に合わせて2個搭載し、ただ走らせるだけではなく、これらを利用した幅の広いプログラミングが可能です。

03ドライバ不要でPCとすぐつながる・フローチャートそのままの簡単なプログラミング

USBポートに挿したBeauto Racerロボットのプログラムは、ドライバソフト類のインストール作業が不要で、ロボットをPCのUSBポートに挿すだけで、すぐに行なうことが出来ます。

プログラミングに使用するソフトウェア「Beauto Builder R」は、従来のBeauto Builderシリーズを引き継ぎ、マウスで簡単にプログラミングできます。更に、命令ブロックや矢印のデザインが、参考書等で解説されている標準的な表 示に近くなり、よりプログラミング学習に役立つようになりました。

ソフトウェアの設定を変更すると、プログラミング上級者向けの機能として「メモリマップの表示」「変数などを使用した演算命令」「モータの出力を任意に設定できる移動命令」などを使用できます。

04報道実績

  1. 2009.07.17 日経産業新聞
  2. 2009.09 株式会社リバネス 教育応援プロジェクト Vol.3
  3. 2009.09.01 日刊工業新聞 大阪生野工業高校での、小学生ものづくり教室の開催 
  4. 2010.02.02 日本経済新聞 浜学園様と販売する、学習用教材
  5. 2010.02.03 日経産業新聞 浜学園様と販売する、学習用教材
  6. 2010.02.20 なみすく 2010年春号
  7. 2010.02.20 日文教育資料 情報教育No.43 Beauto Racerを使った教育実践例
  8. 2010.02.26 日経産業新聞 浜学園様と販売する、学習用教材
  9. 2011.02.21 開隆堂出版 情報教育資料 (P.4-5)
  10. 2011.11.22 ICT夢コンテストにて、BeautoRacerを利用した授業「地域の活性化をめざす小中学生向けロボット講座(大阪府立東百舌鳥高等学校 稲川 孝司先生)」がCEC奨励賞を受賞
  11. 2013.08.24 ビュートレーサーを使った「プログラムによる計測・制御」ワークショップが大阪市内で開催されました。
  12. 2014.11.22 情報コミュニケーション学会において稲川孝司先生によるビュート レーサーを使った「プログラムによる計測・制御」ワークショップが開催されました。
  13. 2015.3.28 滋賀大学で稲川孝司先生による「ビュートレーサーを使ったプログ ラムによる計測・制御」のワークショップが開催されます。