ショッピングカート: 0 アイテム
カートは空です
メニュー
ビュート レーサー(Beauto Racer)
  • ビュート レーサー(Beauto Racer)
  • ビュート レーサー(Beauto Racer)
  • ビュート レーサー(Beauto Racer)
  • ビュート レーサー(Beauto Racer)
  • ビュート レーサー(Beauto Racer)

ビュート レーサー(Beauto Racer)

モデル:4562179394961

メーカー: ヴイストン株式会社

3,024円(税込)
付与ポイント:30pt

マイコン・モーター・LEDや地面の白黒を検知する赤外線センサを備えたロボットカータイプのプログラミング教材ロボットです。 フローチャートやアルゴリズムといった、プログラミングの基本的な考え方を学ぶことができます。
※本製品には、USBケーブル、ソフトウェアCDは付属しておりません。USBケーブル、ソフトウェアのCD付きの商品はこちらからご購入できます。

プログラムランド

【NEW】ビジュアルプログラミングツールに新対応

新学習指導要領で必修化された小学校でのプログラミング教育に活用可能なWEBサイト「プログラムランド」は、 Scratchライクなビジュアルプログラミングツールです。
この度、WEBサイト上で作成したプログラムをビュートレーサーの専用ソフト である「Beauto bilderR」用のプログラムに出力する機能を搭載しました。

プログラムランドの詳細はこちら

ビュート レーサー

中学校 技術・家庭科の授業に対応

ビュートレーサーは、中学校の新学習指導要領「プログラミングによる計測・制御」に対応しており、コンピュータや自動制御について学ぶことができます。中学生以下では、教材としてではなく、ロボット工作、ものつくり体験キットとしても活用できます。

実際の授業に使用可能なスライドデータ・ワークシート案を無償公開しております。

レーサー組立パーツ

簡単な組み立て

本体は組み立てキットですが、ドライバー・ニッパーなどの工具を使う必要がなく部品をはめ込むだけなので 数分程度で組み立てることができます。 また、簡単な部品構成ながら、本体基板上に赤外線センサ・LEDなどを備え、 多様なプログラミングが可能です。電池は単三乾電池1本(別売)です。

レーサーPC接続

ドライバ不要で本格的なプログラミング

ロボットのプログラミングは、ドライバソフト類のインストール作業が不要で、ロボットを PCのUSBポートに挿すだけですぐに行なうことが出来ます。

プログラミングソフトウェア「Beauto Builder R」

プログラミング画面 プログラミング画面

プログラミングに使用するソフトウェア「Beauto Builder R」は、マウス操作で命令のブロックを画面に並べて矢印をつなぎ、 フローチャートを作成することで簡単にプログラミングできるソフトウェアです。
命令ブロックや矢印のデザインが、参考書等で解説されている標準的な表示に近くなり、プログラミング学習を理解しやすい見た目となっております。
また、上級者向けとして、ソフトウェアの設定を変更すると、プログラミング上級者向けの機能として「メモリマップの表示」 「変数などを使用した演算命令」「モータの出力を任意に設定できる移動命令」などを使用できます。

最新のソフトウェアはこちら「Beauto Builder R」(zip形式:1.8MB)
※Release3よりシミュレータ機能が統合されました。

シミュレーター

プログラミングの実行が確認可能なシミュレーター機能

実機をお持ちでない方でも「Beauto Builder R」をインストールすることで、作成したプログラミングをシミュレーター上で確認することができます。 お試しで利用してみたい方や実機を人数分確保することが難しい教室などでご使用いただけます。
(※シミュレータの実行には、お使いのPCにDirectX9.0b以降をインストールしてください)

ライントレース用コース

ライントレース用コース1 ライントレース用コース2

ビュートレーサー用のライントレースコースです。プリンタで印刷してロボットを走らせることができます。 初心者向けのコースはA4サイ ズ、上級者向けのコースはB3サイズで印刷してください。

※プリンターのインクによっては、ロボットのセンサ(赤外線)が反応しないものがあります。 センサが反応しやすいインクの種類は、「顔料インク (インクジェットプリンター)」及び「トナー(コピー機/レーザープリンター)」です。 「染料インク(インクジェッ トプリンター)」は反応しません。


製品仕様

サイズ77(W)×81(D)×23(H)[mm]
重量約81(電池別)
駆動モータDCモータ×2
搭載センサ赤外線距離センサ×2
インタフェースUSB
対応OSWindows7/8/8.1/10(日本語版)
電源単三アルカリ乾電池×1

※本製品をご利用になる場合は、Windows7/8/8.1/10をインストールしたPC、及び一般的なPCの操作知識が必要となります。
※製品仕様その他は、予告なく変更する場合がございます。

各種ダウンロード

よくあるご質問(FAQ)

モータやホイールが回りません
  1. 電池の残量が少ない可能性があります。新しい電池と交換してください。
  2. モータホルダへのモータの挿入がズレているために、モータの軸とホイールが強く接しておりホイールが回らなくなっている場合があります。一度モータホルダからモータを取り外し、モータを上手く挿入してください。
  3. モータホルダが正しく取り付けられていない可能性があります。モータホルダのつめが、基板にかかるようにしっかり取り付けてください。
  4. モータの端子がはみ出している可能性があります。はみ出している場合は、基板からモータホルダを取り外し、基板に付け直してください。
  5. モータの端子が基板に接触していない可能性があります。モータホルダを取り外し、モータの端子を起こして、付け直してください。また、基板の裏側よりモータを少しずらすことで、接触が改善される場合があります。
  6. BeautoBuilderRでのモータのスピード設定の値が低すぎる場合があります。設定値は、40%以上(50%-60%付近 推奨)に設定してください。
LED・赤外線センサ・電源スイッチが取れてしまいました
本体基板の破損については有償での修理対応となります。
修理を希望される場合はinfodesk@vstone.co.jpまでお問い合わせください。
USBケーブルで接続すると、通信が不安定になります
USBケーブルの種類や使用頻度によっては、ロボットとの接続部が緩くなり通信が不安定になる場合があります。ケーブルの接続部の金具を指で若干内側に折り曲げると、緩み・接触不良が改善する場合があります。詳細な手順は下記資料をご参照ください。
USBケーブルの接触改善方法(PDF)
上級者コース、課題コースをクリアするプログラムを教えてください
こちらから解答プログラムをダウンロードしてください。
「上級プログラム」のダウンロード
「課題コース案A回答案」のダウンロード
※機体の走行速度や環境によってはうまく動作しないことがございます。
※本回答案に関するサポートは行っておりません。
タイヤのOリングが劣化して使えなくなりました
弊社からは補修パーツの販売等は行っておりませんが、互換品をwebショップ等でお買い求めいただくことは可能です。本製品のタイヤには「1種A S-9(1.5(線径)×8.5(内径))」という種類のOリングを使用しております。
本体をPCのUSBポートに接続しても、Beauto Builder Rで未接続のまま、接続中の表記になりません
  1. Beauto Builder Rを最新のバージョンに変更し、ビュートレーサーのファームウェアを変更してください。
    最新の「Beauto Builder R」のダウンロード
  2. USB接続を監視する常駐ソフトの影響で接続ができない場合があります。下記の手順を参照し、常駐ソフトを終了してください。
※終了したソフトウェアは、Windowsを再起動すると起動します。ソフトウェアの機能を停止、または無効にした場合は、ソフトウェアによって再起動後も機能を停止したままのものがあります。その場合は、必要に応じて機能を元に戻してください。
※NEC「ワンタッチスタートボタン」、ELMO「IMAGE Mate Accent」などが有効の場合、接続がうまくいかないという報告があります。また、タスクトレイに常駐しているボイスレコーダーのユーティリティを終了すると改善されたという報告があります。
学校のパソコンでソフトウェアがうまく起動しません
BeautoBuilderRのフォルダをデスクトップに置いた場合、PCの設定やセキュリティによりソフトウェアが起動出来ない場合があります。フォルダを置く場所をCドライブ内やその他の場所に変更し、再度ソフトウェアを実行してください。
シミュレータが動きません
  1. お使いのPCのDirectXのバージョンが合わない可能性があります。最新版のDirectXをインストールしてください。
    「最新版DirectX」のインストール
  2. お使いのPCで、ディスプレイのデバイスドライバが正しくインストールされておらず、それが原因で異常が発生している可能性があります。特にWindows7において、インストールやアップデートの際に、過去のディスプレイドライバが勝手に変更される(「標準VGAドライバ」などになる)場合がある模様です。お使いのPCのデバイスマネージャなどからこの点をご確認いただき、ディスプレイのデバイスドライバをインストールしなおすなどしてください。
モータホルダが折れてしまいました
予備のモータホルダを別途お買い求めください。
BeautoRacer用 モーターカバー 160円(税抜)
電池を逆に差し込んだら動かなくなってしまいました
本体基板の破損については有償での修理対応となります。
修理を希望される場合はinfodesk@vstone.co.jpまでお問い合わせください。
Beauto Racerはバックさせることは出来ないのですか?
ロボットの元々の設計上、バックをさせることは出来ません。
別売りの赤外線センサや、その他拡張センサの取り付けはどうすれば良いですか?
こちらの「Beauto Racer アナログ入力デバイス追加説明書」をご参照ください。
Beauto Racer アナログ入力デバイス追加説明書(PDF:501KB)

この商品は2018年01月11日(Thu)に登録されました。