ショッピングカート: 0 アイテム
カートは空です
メニュー
VS-SV3310 (シリアルサーボモータ:327kgf-cm)

VS-SV3310 (シリアルサーボモータ:327kgf-cm)

モデル:4562179392530

メーカー: ヴイストン株式会社

152,900円(税込)
ポイント対象外
生産・販売終了

こちらの製品は生産・販売を終了いたしました。
リンク先の内容は発売時の情報であり、最新の情報とは異なる場合がありますのでご注意ください。


出力327kg-cmを実現した、驚異のモンスターサーボ

研究開発や大型ロボットなどの特別な用途に向けて開発された、ハイトルクシリアルサーボモータのシリーズです。ハイトルクな性能を活かした人間サイズの巨大ロボットの開発や、シリアル通信機能によって温度・角度・PID制御パラメータなどの取得・設定のような高度な制御が実現します。

位置、電圧などの情報をフィードバック、PID制御パラメータ等の細かな設定が可能

VS-SVシリーズは通常のサーボモータのようなPWM方式ではなく、シリアル通信を用いた「LVSerialコマンド方式」で制御します。これにより、 制御機器とサーボモータとの間で双方向通信が可能になり、更に角度指示以外に位置・温度・電圧・PID制御パラメータデッドバンド幅にいたるまで、細かな 動作パラメータを動作中に変更可能です。
ATR/Vstone開発の「Robovie-R ver.3」の場合、従来の機種では各関節のエンコーダ・電圧などを別のマイコンボードで制御していましたが、VS-SVシリーズの導入によりそれらの機能がまとまったモジュールとして簡単に組み込めるようになりました。

研究開発用ロボット_Robovie-R3 研究開発用ロボット_Robovie-R3

最大63個をバス接続可能

モータ同士で配線をチェーン状にバス接続が可能です。従来のサーボモータでは、全てのモータの配線を制御機器に集約するために、制御機器周辺の配線が非常に混雑したり、体の末端にモータを配置すると配線を通す都合上手足が太くなるなどの問題がありましたが、モータ同士を繋ぐ最低限の配線のみで接続できるため、配線の量を大きく減らすことが出来ます。VS-SVシリーズを組み込んだ小型ロボットの例として、ロボカップ世界大会のヒューマノイドリーグ優勝ロボット「VisiON 4G」「VisiON Vgos」等が挙げられます。

二足歩行ロボット_VisiON 4G 二足歩行ロボット_VisiON Vgos

製品仕様

サイズ93.0(W)×76.0(D)×45.0(H)[mm]
重量約387g
トルク327kgf・cm (16.8V時)
動作速度0.255s/60°(16.8V時)
最大動作角330°
電源電圧10V~18V
制御方式LVSerialコマンド方式

※製品仕様その他は、予告なく変更する場合がございます。

開発協力:日本遠隔制御株式会社


現在のレビュー: 0

この商品は2019年08月07日(Wed)に登録されました。