ロボットショップ 会員登録/ログイン カートを見る 法人の方へご案内 ロボプロショップお問い合わせはこちらへ Vstone
Loading

(セット) Robovie-X (組立キット版) スペシャルセット

92,398円(税込)

  • モデル: 4562179391526
  • メーカー: ATR/VSTONE

カートに入れる:

定価:108,380円(税抜)のところ、期間限定・特別価格で販売中です!

【セット内容】

 ・Robovie-X本体 [4562179391236] ×1
 ・VS-C3 (ロボット専用無線コントローラ「V-コントローラ」) [4562179395739] ×1
 ・ジャイロ/加速度/コンパスボード「VS-IX012」[4571398310171] ×1





本商品にはデアゴスティーニより刊行の「週刊ロビ」のマイコンボードを開発した、ヴイストン社のマイコンボードが搭載されています!

 通販とヴイストン ロボットセンターにて好評発売中です。

細身の体型・多軸構成・音声出力機能搭載でキャラクター作成に適したロボット

 Robovie-Xは、名称の「X」は柔軟性を表すFle「X」ible、また未知なる領域を開くロボットの意を込めています。
 343(H)×180(w)×71(D)mmの細身ながら全身に17軸(頭1、腕6、脚10)もの関節を搭載、また、音声出力やアナログ入力などの機能により、前進後退や前後転・側転などの基本的なものから、音楽演奏、ダンス、居眠りなどのコミカルなものまで表現豊かな動作が可能です。
 胴体や顔には樹脂設計によるパーツを装着し、アルミでは表現不可能な柔軟な外見でキャラクター性を強化しています。更に、体が細いため外装を着せてキャラクターロボット化することも容易です。
 付属ソフトウェアは、条件分岐や変数演算、サーボモータへのフィードバック設定や個別脱力機能など、柔軟なプログラミング・多様なモーション作成に対応した「RobovieMaker2」を搭載しております。

本製品は、Robovie-X本体、無線ゲームパッド「VS-C3」、ジャイロ/加速度/コンパスボード「VS-IX012」のセット商品です。
別々にお買い求めいただくよりもお得な価格となっております。

改造・改良が容易な汎用性の高いフレームパーツ

 Robovie-Xのサーボモータ「VS-S092J」は、Robovie-iなどに使用しているサーボモータVS-S091Jを改良し、タッピングねじを用いてケース自体に直接ブラケットパーツをねじ止めできるようになっています。
 Robovie-Xではこの特長を活かし、形状が単純で種類も少ないながら非常に多様な組み換えができるようにブラケットパーツを設計しています。
 従来の一般的なロボットキットよりも少ない数量・種類でロボットを組み立てられるほか、同じパーツを使用してもまったく異なった組み立てが可能なので、ロボットの改造や自作に非常に適しています。

ロボットのキャラクター性を高める音声出力機能・センサ拡張機能

 Robovie-Xは、顔パーツの両目部分にモーションで制御可能なLEDを二つ、また、音声出力機能を標準で搭載しており、これによってロボットにしゃべらせたり動きにあわせて目を光らせるなどの表現豊かな動作が可能です。
 また、Robovie-iやRB2000などのVS-RC003搭載ロボットと同様にジャイロセンサや8chアナログ入力などの拡張基板を接続できます。
 拡張したセンサはモーション中にも「センサが一定の値になったら任意のモーションを再生」などのように組み込むことができ、例えばPSD距離センサを使用して目の前に人が来たら反応してモーションを再生するようにして、受付ロボットなどを作成することもできます。

※本製品をご利用になる場合は、Windows2000/XP/VistaをインストールしたPC、及び一般的なPCの操作知識が必要となりますのでご了承ください。

製品仕様

サイズ(mm)
343(H)×180(w)×71(D)mm
重量
約1.3kg(バッテリ搭載時)
自由度
合計17自由度(頭1、腕6、脚10)
サーボモータ
VS-S092J×17個
CPUボード
「VS-RC003HV」
仕様
 ●寸法 : 52x48(44)x13mm
 ●重量 : 21g
 ●対応動作電圧 : 5〜16V
 ●サーボモータ出力 :30ch
 ●PCとのインターフェース :USB (HID)
 ●対応コントローラ :ゲームパッド、ProBo
 ●付属ソフトウェア :RobovieMaker2
 ●音声出力機能搭載(2W)
 ●IXBUS拡張ポート搭載(1ポート)
  【IXBUS対応拡張ボード一覧】
  ・ジャイロ/加速度/コンパスボード「VS-IX012」
  ・16ch LED拡張ボード「VS-IX004」
  ・16ch デジタル入出力拡張ボード「VS-IX007」
  ・8ch アナログ入力拡張ボード「VS-IX008」
付属ソフトウェア
モーション作成ソフトウェア「RobovieMaker2」
電源
6Vニッケル水素バッテリ
その他
両眼にLEDを標準搭載(VS-LED1×2)
無線ゲームコントローラ付属
ジャイロ/加速度/コンパスボード「VS-IX012」付属
製品商品構成  ●フレーム部品
 ●サーボモータVS-S092J×17
 ●バッテリ
 ●充電器
 ●CPUボードVS-RC003HV
 ●CD-ROM(取扱説明書、RobovieMaker2)
 ●USBケーブル
 ●その他ネジ類

関連商品

・サーボモータ「VS-S092J」 通常ケーブル版
・サーボモータ「VS-S092J」 ショートケーブル版
Robovie-Xに使用されているサーボモータです。リード線の長さが異なる二種類を販売しております。本体の補修パーツや改造用にお求めください。

・拡張基板各種
 16chLED拡張基板「VS-IX004」 /
 16chデジタル入力拡張基板「VS-IX007」 / 8chアナログ入力拡張基板「VS-IX008」
Robovie-Xに搭載のCPUボード「VS-RC003HV」に接続する拡張ボードです。ジャイロセンサによって動作中のバランスをより安定させたり、デジタル入出力・アナログ入力によってセンサ・スイッチを拡張したりすることができます。


・ブラケットパーツ
Robovie-X用のアルミブラケットパーツです。製品に標準で含まれているものの他に、Robovie-Xに更に関節を拡張するための新規パーツも販売します


【報道実績】
2007.12.05 Impress Robot Watch
2008.01.25 日経流通新聞 ダンスもできる2足歩行ロボット
2008.03 GoodsPress ファッションが楽しめるスリムなホビーロボット
2008.03.03 Impress Robot Watch コラム「Robovie-X」〜ハードウェア組み立て(前編)
2008.09.21 フジテレビ「笑っていいとも!増刊号」インダストリーエックス
2008.08.31 NHK「ルソンの壺」次世代ロボット市場」
2008.09.15 日本テレビおもいっきりイイテレビ「エー!!本当ですか、先生?」近未来グッズ&最新家電大集合
2008.11.18 週刊アスキー「特集 買ってすぐに遊びたいのだっ!!「ホビーロボット徹底検証」」
2008.11.12 山陽新聞 神石高原・豊松中学校ロボット実演
2009.01.05 テレビ朝日「僕の日本を紹介します!」
2009.01.07 フジテレビ「ザ・ベストハウス123」ものスゴイ部門 第2位:フィールドの貴公子、世界一の頭脳派ロボット
2009.01.14 日本テレビ放送「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」の新コーナー 
2010.08 工学社 「I/O 8月号」
2010.11.09 NHK総合 Bizスポ ロボットで大阪を売り込め パリでロボット産業をアピール
2011.01.09 関西テレビ放送「よ〜いドン!」の「となりの人間国宝」

ロボビー、ロボビーメーカーは株式会社国際電気通信基礎技術研究所の登録商標です






この商品は2008年02月26日(Tue)に登録されました。

 | ホーム |