トップ > 製品情報 > 小型二足歩行ロボット > ロボダンボー(Danboard the Robot)
Robo Danboard

01漫画「よつばと!」の人気キャラクターをロボット化!

「ロボダンボー」は、人気コミック「よつばと!」でおなじみのキャラクター「ダンボー」をロボット化した製品です。

全身に11個のサーボモータを搭載し「歩く」「踊る」「首をかしげる」など様々な表現が可能です。また、動きに合わせて音声を鳴らしたり、両目のLEDを光らせるなど、豊かな表現ができる機能を搭載しています。

ロボット本体は組み立てキット形式で、プラスドライバーのみで組み立てられます。ロボットのモーションは、基本動作が約30種類組み込まれており、付属のソフトウェア「RobovieMaker2」でユーザが自由に作成・変更できます。RobovieMaker2はモーションをフローチャート形式で作成でき、プログラミングを知らない方でも簡単に操作できます。

無線コントローラ「VS-C3」(別売)を使うと、作成したモーションをボタンに割り当てて無線操縦できます。

02製品の特長

動く!眼が光る!音がなる!

全身に合計11個のサーボモータを搭載(頭に3自由度、片腕に2自由度、片脚に2自由度)。頭部に多くのサーボモータを配置することで、うなずく、首をふる、首をかしげるなど、豊かな感情表現が可能です。

制御ボード「VS-RC003HV」は音声出力機能を搭載し、Wavサウンド形式の音声データを書き込み、モーションに合わせて効果音やセリフなどをしゃべらせることが可能です(本体内のスピーカより出力)。

両目にはLEDを搭載し、動きに合わせて明るさの変更や点滅が可能です。

二足歩行が可能 頭部の自由度の高さが特徴

好きな動きを自由に作って操縦できる!

付属のモーション作成ソフトウェア「RobovieMaker2」は、WindowsPCとロボットをUSBケーブルで接続し、ロボットの動き(モーション)やプログラムを作成・書き込みするためのソフトウェアです。

モーションの仕組みは、パラパラ漫画の要領で複数のポーズを作成し、フローチャート形式でつなげて再生します。プログラミング言語などを使わず、簡単にモーションを作ることができます。ポーズには両目LEDの明るさや再生する音声を指定でき、目や音声と動きを同期させられます。また、フローチャートの中に分岐や演算など組み込んで複雑なプログラミングを作成することもできます。

オプションの無線コントローラ「VS-C3」(別売)を使用することで、作成したモーションをコントローラに割り当ててロボットを無線操縦することができます。

モーション作成ソフト「RobovieMaker2」 無線コントローラ「VS-C3」

組み立てキット形式、各種オプションでデスクトップガジェット化も可能

ロボット本体は組み立てキットです。プラスドライバー(2種類)のみで簡単に組み立てられます。また、オプション製品として「Bluetooth通信デバイス」「ジャイロ/加速度センサボード」を使用できます。オプションを搭載すると、表現力や使い方の幅がより広がります。

Bluetoothシリアル通信モジュール「VS-BT001」は、Bluetooth(R)プロファイルのSPP に対応した通信モジュールです。Android用ソフトウェア「VS-C2 for Android」を使ってスマートフォンから操縦・音声操作できる他、PC・スマートフォンから自作のソフトウェアによって制御できるようになります。

ジャイロ/加速度センサボード「VS-IX001」は、2軸ジャイロセンサと3軸加速度センサの拡張ボードです。ジャイロセンサによって本体のバランス性能を強化したり、各種センサ情報で「振る」「傾ける」「倒れる」等を検出できるようになります。RobovieMaker2より検出したセンサ情報に対応してモーションを呼び出せるので、「倒れたらじたばたする」などができるようになります。

Bluetoothシリアル通信モジュール「VS-BT001」 VS-C2 for Android ジャイロ/加速度センサボード「VS-IX001」

03製品仕様

外形305(H)×155(W)×120(D)mm ロボダンボー
重量約800g (バッテリ搭載時)
自由度合計11自由度(頭3、腕2、脚2)
サーボモータRS304MDFF×11(双葉電子工業製)
CPUVS-RC003HV
モーションエディタRobovieMaker2
電源単4ニッケル水素充電池×4(別売)
対応OSWindows2000/XP/Vista/7/8/8.1(日本語版)
インタフェースUSB,IXBUS
その他両眼部分にLEDを標準搭載
商品構成外装、フレーム部品、サーボモータRS304MDFF×11、CPUボードVS-RC003HV、USBケーブル、CD-ROM(取扱説明書、RobovieMaker2)、その他ネジ類
販売価格76,000円(税抜)
オプション(別売)Bluetoothシリアル通信モジュール「VS-BT001」
ジャイロ/加速度センサボード「VS-IX001」
無線コントローラ「VS-C3」

※製品の仕様は予告無く変更する場合がございますのでご了承ください

04ご購入/オプション

本体・オプションセット

ロボダンボー
ロボダンボー
ロボダンボー本体です。
商品ページのオプションより
無線コントローラセット(80,200円(税抜))
Bluetoothセット(84,000円(税抜))
スペシャルセット(85,200円(税抜))
をお選びいただけます。
価格:76,000円(税抜)
ご購入はこちら

オプション・スペアパーツ

ロボダンボー 交換用外装セット
ロボダンボー 外装セット
外装のスペアパーツです。
価格:2,000円(税抜)
ご購入はこちら
ジャイロ・加速度センサボード VS-IX001
ジャイロ・加速度センサボード VS-IX001
本体と同時に購入される場合はセットをご利用ください。
価格:17,400円(税抜)
ご購入はこちら
無線コントローラ VS-C3
無線コントローラ VS-C3
本体と同時に購入される場合はセットをご利用ください。
価格:4,200円(税抜)
ご購入はこちら
Bluetooth通信モジュール VS-BT001
Bluetooth通信モジュール VS-BT001
本体と同時に購入される場合はセットをご利用ください。
価格:8,000円(税抜)
ご購入はこちら

05ギャラリー

Windows Media Player を入手するムービーは全てWindows Media Player形式のファイル【拡張子(.wmv)】です。もしお使いのブラウザーでムービーを再生できない場合は、Windows Media Playerをダウンロード(無料)して下さい。

プロモーションビデオ
商品写真

05報道実績

  1. 2013.09.19 歩いたり踊ったり動きを自在に操れる「ロボダンボー」を組み立ててみました(GIGAZINE)
  2. 2013.09.20 「ロボダンボー」を調教していろいろな動きをさせてみました(GIGAZINE)

06ダウンロード

本製品に関するデータのダウンロード情報です。