トップ > 製品情報 > 小型二足歩行ロボット > Robovie-X(ロボビーエックス)
Robovie-X

News!教育機関を対象にした、金属加工を含めた組み立てを行なうキット「ものつくりマスターキット」発売

教育現場のニーズに応えたものづくりの実習教材を発売!!

二足歩行ロボットキット「Robovie-XLite」につき、構成部品を330×400mmのアルミ板1枚に切削した状態でお渡しする教育教材用セットです。
 バリ取り・タップ・曲げ加工などの金属加工から組立まで、二足歩行ロボットを組み立てる中で本格的なものづくり実習を実施することができます。
 完成後は、専用ソフトウェア「RobovieMaker2」や豊富なオプション類など、ご好評いただいているRobovie-XLiteのオプションパーツや学習環境がそのまま活用可能です。

プレスリリース資料はこちら

01細身の体型・多軸構成・音声出力機能搭載でキャラクター作成に適したロボット

Robovie-XRobovie-Xは、名称の「X」は柔軟性を表すFle「X」ible、また未知なる領域を開くロボットの意を込めています。シリーズは、標準型のX、初心者向けで組み立て・操作が容易なX Lite、上級者向けでハイパワー・多軸構成のX PROの3機種があります。

細身(Xは343(H)×180(W)×71(D)mm)ながら全身に多数の関節(Xは17軸、X Liteは13軸、X PROは19軸)を搭載、また、音声出力やアナログ入力などの機能により、前進後退や前後転・側転などの基本的なものから、音楽演奏、ダンス、居眠りなど のコミカルなものまで表現豊かな動作が可能です。

02「初めてのロボットなので簡単なものを」「上級者志向」など目的に応じて選べる3タイプ

Robovie-Xは、フレームパーツに共通の形の部品を多く持ち、複数のバリエーションを簡単に組み分けることが可能です。標準のキットとしては、「初心者向け」「標準型」「上級者向け」の3通りを販売しております。

標準型「Robovie-X」

初心者向け「Robovie-X Lite」

上級者向け「Robovie-X PRO」

Robovie-X Robovie-X Lite Robovie-X PRO
「Robovie-X」の製品仕様はこちら 「Robovie-X Lite」の製品仕様はこちら 「Robovie-X PRO」の製品仕様はこちら
Robovie-X Liteは生産終了しました。

03改造・改良が容易な汎用性の高いフレームパーツ

フレームパーツRobovie-Xのサーボモータ「VS-S092J」は、Robovie-iなどに使用しているサーボモータVS-S091Jを改良し、タッピングねじを用いてケース自体に直接ブラケットパーツをねじ止めできるようになっています。

Robovie-Xではこの特長を活かし、形状が単純で種類も少ないながら非常に多様な組み換えができるようにブラケットパーツを設計しています。

従来の一般的なロボットキットよりも少ない数量・種類でロボットを組み立てられるほか、同じパーツを使用してもまったく異なった組み立てが可能なので、ロボットの改造や自作に非常に適しています。

04ロボットのキャラクター性を高める音声出力機能・センサ拡張機能

拡張機能Robovie-Xは、顔パーツの両目部分にモーションで制御可能なLEDを二つ、また、音声出力機能を標準で搭載しており、これによってロボットにしゃべらせたり動きにあわせて目を光らせるなどの表現豊かな動作が可能です。

また、Robovie-iやRB2000などのVS-RC003搭載ロボットと同様にジャイロセンサや8chアナログ入力などの拡張基板を接続できます。

拡張したセンサはモーション中にも「センサが一定の値になったら任意のモーションを再生」などのように組み込むことができ、例えばPSD距離センサを使用して目の前に人が来たら反応してモーションを再生するようにして、受付ロボットなどを作成することもできます。

キャラクターロボット作成例

Robovie-X用のキャラクターロボットの衣装作成例です。上記ロボットでは、本体の顔・胸・背中の樹脂パーツのみを外した状態で衣装を取り付けてお り、内部シルエットはほぼRobovie-Xそのままの形状です。このように体が細いという特長により、上記のようにロボットに衣装を着せても非常にスリ ムなスタイルを確保できます。

05報道実績

  1. 2007.12.05 Impress Robot Watch
  2. 2008.01.25 日経流通新聞 ダンスもできる2足歩行ロボット
  3. 2008.03 GoodsPress ファッションが楽しめるスリムなホビーロボット
  4. 2008.03.03 Impress Robot Watch コラム「Robovie-X」〜ハードウェア組み立て(前編)
  5. 2008.09.21 フジテレビ「笑っていいとも!増刊号」インダストリーエックス
  6. 2008.08.31 NHK「ルソンの壺」次世代ロボット市場」
  7. 2008.09.15 日本テレビおもいっきりイイテレビ「エー!!本当ですか、先生?」近未来グッズ&最新家電大集合
  8. 2008.11.18 週刊アスキー「特集 買ってすぐに遊びたいのだっ!!「ホビーロボット徹底検証」」
  9. 2008.11.12 山陽新聞 神石高原・豊松中学校ロボット実演
  10. 2009.01.05 テレビ朝日「僕の日本を紹介します!」
  11. 2009.01.07 フジテレビ「ザ・ベストハウス123」ものスゴイ部門 第2位:フィールドの貴公子、世界一の頭脳派ロボット
  12. 2009.01.14 日本テレビ放送「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」の新コーナー 
  13. 2010.08 工学社 「I/O 8月号」
  14. 2010.11.09 NHK総合 Bizスポ ロボットで大阪を売り込め パリでロボット産業をアピール
  15. 2011.01.09 関西テレビ放送「よ〜いドン!」の「となりの人間国宝」