トップ > 製品情報 > 研究用ロボット > 卓上コミュニケーションロボット・RPC-S1(アールピーシー・エスワン)
卓上コミュニケーションロボット・RPC-S1(アールピーシー・エスワン)

01柔軟な外装を持ったテーブルサイズのコミュニケーション研究用ロボット

RPC-S1は、コミュニケーションロボットの研究開発用のプラットフォームです。身長約30cm、小型PC(PICO820)搭載、全身17自由度という構成で、画像認識処理、ネットワーク通信制御、多彩なポーズ・表情の表現などが可能です。

物体認識、音声認識にも応用可能

センサデバイスとして130万画素USBカメラと2個のマイクを搭載し、画像認識、音声認識を介したコミュニケーション研究なども可能です。

ウレタンスポンジによる柔軟な外装

ロボットの外装はウレタンスポンジを利用して非常にソフトになっております。これにより、接触など衝撃への対応や、印象評価に役立てることができます。

すぐれた開発容易性と汎用性

ロボット用CPUボードVS-RC003HVサーボモータの駆動には、ロボット用CPUボード「VS-RC003HV」を使用しております。外部のコンピュータを用いてモーション作成やモータの制御などが容易に実現可能です。
ロボット用CPUボード「VS-RC003HVのご購入はこちら」

02製品仕様

 
製品名RPC-S1 RPCS-1
寸法(HxWxD)300 x 200 x 200(mm)
重量約2kg(バッテリ搭載時)
自由度合計17自由度
(頭部3、眼3、腕4x2、胴体2)
メインCPUAXIOMTEK PICO820
(Intel Atom Z530 1.6GHz)
サブCPUVS-RC003HV
(ARM7 60MHz)
インターフェースUSB2.0、RGBx1、
LAN(10/100/1000MBase-TX)x1
バッテリ6V 4200mAh ニッケル水素バッテリx2
センサマイク、カメラ(130万画素)
外装ウレタンスポンジ
その他付属品無線コントローラVS-C3、USBケーブル、
ACアダプタ(内蔵PC用)、無線LANスティック
価格お問い合わせください。

※製品の仕様は予告無く変更する場合がございますのでご了承ください